爆弾低気圧 GIF画像一覧

気象庁は1日、急速に発達する「爆弾低気圧」の影響で、西日本から北日本の広範囲で2日にかけて沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、局地的に激しい雨になるとして、暴風や高波、土砂災害などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、低気圧は急速に発達しながら日本海を北東に進み、2日にはサハリン付近に達する見込み。前線は2日にかけて西日本から北日本を通過するとみられる。

 中心気圧は1日午前9時からの24時間で40ヘクトパスカル以上の急発達を予想。日本付近で同様の急発達が確認された温帯低気圧は、気象庁が確認する限り、昭和30年以降、8事例のみ。

 低気圧の発達のピークは、北海道付近を通過する2日午前9時から昼ごろにかけて。関東も2日未明から特に風が強まり、通勤時間帯の交通機関に影響するおそれもある。

 2日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道が45メートル、東北、北陸、近畿が35メートル、関東、伊豆諸島、東海、四国、中国、九州北部が30メートル。北海道では9メートル、東北で7メートル、北陸で6メートルの高波が予想され、北日本では3日も非常に強い風が吹き、大しけが続く見込みという。

related gifs

コピーしました!