対象のかけら

どこにでもある日常のひとこま。そこでは特別な思いを馳せることはなく、何かを夢見ることもない。ただここにいるという意識とともに、ここにはいないという意識だけがある。

Related gifs

コピーしました!