第6話 拾因の眸

猫が飼いたいとせがむゼロに、因又は飼うことは出来ないと伝える。その理由として、自分を育ててくれた拾因(シュウイン)との事を語り出す…。数年前、因又は子供ながらに『ラクト』を多少扱えた。しかし、モンスターと戦う許可が貰えず、いつまで経っても自分を半人前扱いする拾因に不満を持っていた。

Related gifs

コピーしました!