第二十三話 「封じられた力と開かれる心。」

海宝の肴の試食会で天狗の秘酒を口にし、急に倒れてしまった葵。

目を覚ました時、喉に違和感を覚える葵だったが、なんと声を出せなくなったうえ、味覚までをも失っていた。

酒のせいではなく、特殊な呪いのせいだとわかるものの、味がわからない葵に、海宝の肴を手がけることはできなくなり……?

コピーしました!