第十六話「子の板前と雨女のお嬢様。」

銀次の機転によって、滞在中の松葉の朝食を作ることになった葵。放っておかれていた旧館の台所を使えることに。

限られた食材で料理を作った葵は、久しぶりに一人ぼっちの夕食を食べるのであった。その頃、葵と銀次のいなくなった夕がおに灯りが燈り……。

コピーしました!