第十一話「湯守の濡れ女と師匠の不知火。」

大旦那不在の天神屋に、突如やって来たのは、ライバル関係にある南の地の宿、折尾屋の番頭・葉鳥と湯守・時彦。彼らは客として訪れたというのだが、天神屋面々の間には緊張した空気が広がり、銀次でさえ微妙な反応を見せるのであった。

そんな中、葵は時彦と天神屋の湯守・静奈が口論する現場に遭遇し……。

コピーしました!