雨宮 広斗

雨宮兄弟の三男。少年時代、母親の再婚により雨宮姓となる。兄弟の中ではひとりだけ血の繋がりがなく、当初は心を開けずにいた。だが長兄・尊龍の背中から本当の強さを学び、次男・雅貴と本気でぶつかりあう中で、やがて血より濃い絆で結ばれるようになる。同じく「ゼロレンジコンバット」の使い手で、ボクシングスタイルも得意。クールな性格で、雅貴の笑えないギャグを冷たく受け流すことも多い。だが心の中では兄ふたりを深く慕っており、尊龍の死に際しては亡骸を抱きしめ号泣した。銃器以外にはゼロレンジを使用することなく、パンチ中心とした格闘スタイル。

コピーしました!