銀河鉄道の夜

ごとごとごとごと、その小さなきれいな汽車は、そらのすすきの風にひるがえる中を、天の川の水や、三角点の青じろい微光の中を、どこまでもどこまでもと、走って行くのでした。
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より
http://www.gingatetudounoyoru.com

コピーしました!