GIFMAGAZINE


You will be able to upload large amounts of GIF animation When you register to GIFMAGAZINE.

GIF作成

Youtube、動画、画像からGIFアニメを作成することができます。また、グリッチさせたり言葉を入れたGIFを作ることもできます。

アップロード

TwitterやTumblrなどでGIFをアップロードしたとき容量オーバーでイライラした経験はありませんか?GIFMAGAZINEなら最大20MBまでアップロードできます!

検索

GIFMAGAZINEでは日本語でのGIF検索ができます。好きなアニメや好きなアイドルなど好きな単語で検索してみてはいかが?

シェア

GIFMAGAZINEに投稿されたGIFはTwitterやFacebookで動かすことができます。

GIFMAGAZINEに投稿されたたくさんのGIFアニメの中からキラリと光る作品をチラリとご紹介。ログインするとより多くのGIFアニメを楽しむことができます。

【すぐねこ】応援

すぐに感情が顔に出てしまうねこ、「すぐねこ(すぐ顔に出るねこ)」が出演した 投票応援GIFアニメです。 この動画が「大阪市住民投票を盛り上げる おもしろPV作品賞」で 「優秀賞」をいただきました。 http://skp.ne.jp/oosakawogenkinisurukai/
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルGB

ゲームボーイ枠素材はこちらを使わせていただきました。 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=44001301
さとり

いろつけた
もぐもぐうっちー

うとうとミクさん

すやすや
569

GIFMAGAZINEのGIF画像プチ解説1「GIFとは?」

GIFとはGraphics Interchange Formatを略した呼び方です。「Graphics Interchange Format」を直訳すれば画像(Graphics)を入れ替える(Interchange)ファイルフォーマット(Format)のことです。みなさんもインターネット上でクリックしなくても動く動画のようなアニメーション画像を見かけたことはないでしょうか?ねこや動物、面白画像、シネマグラフやタイムラプス、コマ撮り(ストップモーション)などさまざまなGIFアニメが存在しています。

GIFMAGAZINEのGIF画像プチ解説2:読み方はジフ?ギフ?

「Graphics Interchange Format」を「グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット」呼んでいては非常に不便ですよね。GIFの略称には長らく正しい読み方を巡る論争が続いてきました。ジフそしてギフ。あなたはどのように読んでいましたか?この論争に終止符が打たれたのは2012年。実は非常に最近のことなのです。GIF画像の開発者であるスティーブウィルハイト(Steve Wilhite)氏がウェビー賞(※1)を受賞した際、GIF画像を用いて正しい読み方を発表しました。
It’s pronounced JIF, not GIF.「発音はギフではなくジフ」
※1ウェビー賞(The Webby Awards):インターネット上で優れた活動をした方に贈られるアメリカの賞

GIFMAGAZINEのGIF画像プチ解説3:発明の歴史(1990年代)

GIF画像は1987年にアメリカの通信会社「コンピュサーブ(CompuServe)」のスティーブウィルハイト氏によって開発されます。当時はGIF87aという規格であり、現在のアニメーション機能はありませんでした。その後1989年にGIF89aという新しい規格が誕生し、アニメーション機能に加え、透過機能が追加されました。

GIFMAGAZINEのGIF画像プチ解説4:衰退の歴史(2000年代)

「GIF」という単語の検索ボリュームの変化(※2)からインターネット上でのGIF画像の需要を見てみると、2004年から2010年にかけて大きく減少をしています。一般家庭のパソコンのスペックが向上し、動画やフラッシュの需要が増加したことが原因でしょう。当時日本で活躍していたGIF画像といえば「動く絵文字」ですね。皆さんのコミュニケーションの間にひっそりとGIF画像は存在していたんですね。 ※2Googleトレンド 2015年3月12日12:00時点

GIFMAGAZINEのGIF画像プチ解説5:復興の歴史(2010年代)

そしてついにGIF画像復興の時代が訪れます。「オックスフォード米語辞典」が選ぶ2012年のアメリカの流行語大賞として「GIF」が選ばれたのです。2010年代のスマートフォンの普及により再び光を浴びることとなります。iPhoneがFlashを対応しないことや、再生環境(端末やブラウザ)に差が生まれないこと、長すぎず2,3秒で終わるショートなコンテンツであること、タップしなくても再生される手軽さが特徴であったからでしょう。先ほどの検索ボリュームの変化(※2)でもいまだに上昇傾向が続いているようです。 ※2Googleトレンド 2015年3月12日12:00時点

GIFMAGAZINEのGIF画像プチ解説6:特徴と利用シーン

短編・ループ・クリックレス再生がGIF画像の良さであると言えるでしょう。GIF画像は自分の作った作品としてGIFMAGAZINEにアップロードして作品のまとめやポートフォリオとして使用したり、Twitterなどで友達に共有したり、ブログやWordpressなどに埋め込んで使用したりすることができますよ。

CREMはGIFMAGAZINEが贈るそこはかとなく好奇心を刺激するクリエーターの秘密基地です。

GIFまとめはGIFMAGAZINEに投稿されたGIFアニメを独自の切り口でまとめることができる機能です。面白いシーンや可愛い猫のまとめ、好きなアイドルのダンスシーンのまとめ、ドット絵アニメのまとめ等などまとめ方は十人十色。自分だけのお気に入りのまとめを作って友達に共有してみませんか?

GIFMAGAZINEでよく検索されているワード一覧です。この他のワードに関してはGIFMAGAZINE検索をご利用ください。日本語に強いGIFMAGAZINE検索では「猫 かわいい」や「ホラー 映画」など探したい単語を入力すればピッタリのGIFアニメを即座に見つけることができます。