CRM ECの売上を左右する顧客管理と顧客分析の極意 created by 猿田剛
猿田剛

猿田剛

CRM ECの売上を左右する顧客管理と顧客分析の極意

ECショップ通販にCRMを利用した実例
CRMを利用してリピーターを育成しようとしても食品通販の場合はそこまで成功事例がない中、ECショップ豆の通販で爆発的な売上を樹立した企業がある。CRMシステムはLTV-Innovationが運営するツールを利用したのだが、顧客セグメントやCRMの使い方、顧客分析などは最低限のものだけで売上を数倍にまで増加させたとして注目を浴びている。
CRMでできる顧客分析は最低限のものだけでいい
顧客分析はすればするほどいいものではない。これはECのコンサルティングをしている佐竹氏も口を酸っぱくして言っていることである。分析をする時間があるくらいなら、RFM分析やCPM分析に時間を充てたほうが顧客のために成ることは明らかである。
その中、顧客分析が大切と言われているのは、最低限の顧客分析をツールを使ってすることが大切と言っており、1日数時間も顧客分析に時間を策のは現実的でないのと同時に非効率とも語っている。
CRMシステムを導入して1日数分顧客の状態を見ることだけでも自社通販の状態をざっくり把握し、施策に向けてすぐに動き出すのが大切とECショップ豆通販の売上を数倍にした丸山さんは語る。
http://wakuten.net/crm%E3%81%A7ec%E3%81%AE%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%82%92%E3%82%BB%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/

CRM システムは自社のブランディングや商品価値認知を高めるのはもちろん、自社のサービスの強みや商品力を確認するためにも使用されている。日々の運用や経営 だけでは自社の立場や強みを「体感」や「思い込み」で認識するのではなく、顧客データや営業状態、商品販売実績などを可視化しチームやグループで共有する ことで自社サービス・商品の強み、今後の方向性や目標を建てて前向きにビジネスを拡大するためにCRMの利用をしている企業も少なくはありません。

常に自社の強みや商品力を時代の流れと顧客の流れに沿って経営の舵を取ることで、無駄なプロモーションや営業活動を削減できるのもCRM戦略のポイントです。

常に無駄のない販促を心がけるために、CRMシステムを導入する企業が増えていると言われている。ただし、CRMシステムを導入してパソコンの前で分析ばかりしている人を増やすべきか?否。そんな人員を増やすよりは、絶対RFM分析やCPM分析や配送方法などを改善する会議をするべきであり、事業の方向性を補正する人などひとつも利用価値がないということだ。
顧客第一に考えるのであれば、顧客分析は最低限にしてしっかりとした通販運営方針とPDCAを回すことを優先に考えて欲しい
0
382 views
Share
Blog embed
others

We're going to create a GIF that you can post to Instagram. Where should we send it?

Submit
※15分以上メールが届かない場合はPC用のメールアドレスでお試しください Invalid Email
Converting the gif for Instagram. Please wait for about 5 minutes..

new embed code

old embed code

image tag

link tTag

2014/11/25

390 KB

Report
+1
heart
smile

comment 0