[宇宙戦艦ヤマト2199]島大介のGIF画像 created by GIF画像のまとめ

[宇宙戦艦ヤマト2199]島大介のGIF画像

宇宙戦艦ヤマトの島大介と言えば、それは宇宙戦艦乗組員から見ると頼りになる航海長ということになります。第二艦橋の指定位置は主人公の古代進の右横に座っており、宇宙戦艦ヤマトでは常に登場してくる人物です。性格は沈着冷静なイメージが強く的確な判断をしているものと思います。航海長という任務であるためにその様になると思いますが、確かに島大介が慌てたり判断に躊躇している様な場面は見たことがありません。船の運転に関しては同じく第二艦橋にいる太田もその能力を備えていますが、やはり沈着冷静な島大介にはとても叶わないものと思います。島大介は古代進と同期生であり宇宙戦艦ヤマトの乗組員となる前は火星基地に古代進と駐屯していました。その頃はまだ頼りになる航海長というイメージはなく古代進と同じくまだまだとても若い青二才といった感じは否めなかったと思います。古代進とはその頃より時を同じくしていたため、宇宙戦艦ヤマトの乗組員となってからも厚い友情で結ばれた間柄であったと思います。それ故かしばし古代進とぶつかり合う場面が見られます。島大介は航海長であり、古代進は戦闘班を指揮するリーダーであるという立場がその様にさせたのではないかと思います。ガミラスとの戦闘により予定より航海の日程に遅れが生じがちなため、先を急ぎたい航海長の島大介と古代進がぶつかり合うという感じです。宇宙戦艦ヤマトのドラマ前半ではその様なやり取りが何度か見られます。しかし、島大介と古代進は本当に仲の良い間柄であって、お互いに衝突しあってもその後は仲良く一緒に食事を共にするなどしています。その姿を見ていた森雪は男同士って良いわね、とつぶやいていたシーンも思い出されます。島大介の航海技術は素晴らしくアンドロイドベルトと呼ばれる無数の隕石が散らばる空間でも宇宙戦艦ヤマトを隕石に衝突させることなく運転することが出来ます。その操舵技術には敵のガミラスも追いつけない場面が見られます。この様なところが戦闘班を指揮する古代進から見るとガミラスに対して応戦するだけではないことを教えてくれるものであり、ときには宇宙戦艦ヤマトにとってとても助かるものであったと思います。また宇宙戦艦ヤマトにとって最大の武器は波動砲ですが、それは船の先頭に備えられているため艦首を敵艦に向ける必がありましたが、それも航海長の大事な役割でした。宇宙戦艦ヤマト航海長の島大介の名セリフは、面舵いっぱいであったと思います。
0
306 views
Share
Blog embed
others

We're going to create a GIF that you can post to Instagram. Where should we send it?

Submit
※15分以上メールが届かない場合はPC用のメールアドレスでお試しください Invalid Email
Converting the gif for Instagram. Please wait for about 5 minutes..

new embed code

old embed code

image tag

link tTag

2015/04/19

77.9 KB

Report
+1
heart
smile

comment 0